新型コロナウイルス感染防止対策

サンライバスキー場では「新北海道スタイル」に基づき下記のように対応いたします。

■スキー場全般における感染拡大防止のための対策
・センターハウス、ロッヂ、休憩棟(以下、「センターハウス等」という。)の入口には発熱や咳など異常が認められる場合は施設の利用をお断りさせていただく旨を掲示する。入口や手洗い場には、消毒液(消毒用アルコール等)を用意し、センターハウス等を利用する場合には、手指の消毒を行っていただく旨を掲示しています。
・センターハウス等内では、食事の時以外はマスクの着用をお願いしています。
・センターハウス等内は、必要に応じて随時換気をいたします。
・センターハウス等内は、定期的に消毒作業を行います。
・各所に消毒液を配備します。

■スタッフの健康管理
・スタッフは、出勤前に体温を測り健康管理を徹底する。
・スタッフは、マスクやフェイスガードを適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗いを徹底いたします。

■ソーシャルディスタンシング対策
・レストランのテーブルには、飛沫防止用のアクリル板を設置しています。座席は、間隔を開けて使用いたします。混雑の状況により利用を制限する場合もあります。
・チケットカウンター、レンタルカウンター、売店カウンター等で、順番待ちをする場合は、最低1m以上の間隔を空けるようにしています。

今後、状況により予告なく変更させていただく場合がございます。